スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ATH-IM50バランス対応 [その2]

こちらの「ATH-IM50バランス対応」で使ったケーブルは音質が良いものの
ケーブルが固く使い勝手が悪いため、さらに細めの線を使ってバランス対応ケーブルを作成しました。

使ったケーブルは、オヤイデ電気で購入した「潤工社のFEP被膜7/0.12(0.08SQ)銀メッキ線」です。
ケーブルが細く、丁度良い柔らかさを兼ね備えています。
20150506-01.jpg

コネクタはITTの「M-XL-5-11S」を使用
20150506-02.jpg

イヤーハンガーは透明のヒシチューブを収縮させる際に、曲がりを付けたものです。
20150506-03.jpg

ケーブルが柔らかいため、装着感は良好。
音質的には㍶-Triple Cより若干レンジが狭いのですが許容範囲です。

本当は銀線で作ってみたいのですが、ケーブルのみでイヤホン本体と同じくらいの金額がかかるとか...(^^;
そう考えると、その前にIM-70を買った方が良いのかもしれません。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。