スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HA-MX10-B リケーブル

HA-MX10-Bを購入後、左右のユニットのGNDを独立させる改造をしています。
20150409-05.jpg

HA-MX10-Bは4芯ケーブルを使用していますが、配線は3線のみです
実際の配線は左側のユニットに集約されています。
下の写真が左側ユニットを外した所です。
ケーブルからのGNDはR-GNDに来てジャンパ線でL-GNDに接続されています。
201504113-01.jpg

GNDのジャンパ線を外し、それぞれのGNDに配線をすればそれぞれのユニットのGNDを独立させられます。

ケーブルはもともと付いていたケーブルで配線し直せばお金はかかりませんが
今回はCANARE L-4E5Cを使用しました。
L-4E5Cは純正ケーブルに対しケーブルが少し太いので、ハウジングへの挿入口は被覆を向いて
むき出しになったシールド面をヒシチューブで保護してから差し込みました。

プラグ側で、L-GNDからの配線とR-GNDからの配線をGNDに落としています。
これにより将来バランス接続する際は、コネクタの変更のみで対応可能です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。