スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【準備編】msBerryDACをMoode Audio Playerで使う

今回から3回に分けて、msBerryDACをMoode Audio Playerで使うための設定方法について書きたいと思います。
Moodeは設定を含め全ての操作をWebブラウザから行うことが可能であり、スマフォがあれば設定を行うことができます。
また、バージョン2.6から無線LANのAP(アクセスポイント)モードをサポートしており
今回はAPモードによる設定方法を説明します。

第1回目は準備品についてです。
なお、msBerryDACについては8月下旬にBispaさんから発売される予定です。

1.準備品
(1).ラズベリーパイ
  ・Raspberry Pi 2 + 電源 + BUFFALO WLI-UC-GNM2 (無線LANアダプタ) 
  ・Raspberry Pi 3 + 電源

  上記のどちらかを準備します。今回はRaspberry Pi 2を使いました。
  ちなみにRaspberry Pi Zeroでも動作しますが、国内の取り扱いがありません。
  [参考] 株式会社 ケイエスワイ

(2)Micro SDカード
  相性の問題が発生することが多いようなので、以下のサイトを参照して使用可能か確認しておくことをお勧めします。
  私は東芝のMicro SDカード(32GB)を使いました。作業前にFAT形式でフォーマットしておきます。
 [参考] RPi SD cards : 「Working / Non-working SD cards」の表に使用の可否が色分けされています。

(3)Micro SDカードリーダ/ライター
 ・BSCRMSDCBK
  Micro SDカードにMoodeを書き込む際、SDカードリーダ/ライターがPCに有れば不要です。

(4)SDカード書き込みプログラム
 ・Win32 Disk Imager
   Micro SDカードにMoodeのイメージを書き込む際に使用するプログラムです。

2.Micro SDカードへMoodeのイメージファイルを書き込む。
(1)Moodeのイメージファイルをダウンロード
  Moodeのトップページを開き「DOWNLOAD」をクリック。
moodeaudioplayer_org01a.png

ダウンロード先を選択するウィンドウが開きます。
ダウンロード先はsite 1~ 3のどちらからでも大丈夫です。
ちなみに、Setup guideへのリンクもあります。英語の記述ですが、分かり易く書いてあります。
moodeaudioplayer_org02.png

(2)ダウンロードしたファイルの解凍
ダウンロードしたイメージファイルはzip形式で圧縮されているので解凍します。
moode_zip.png

解凍するとイメージファイルになります。(拡張子がimgに変わります。)
moode_img.png

(3)Micro SDカードへイメージファイルの書き込み
Micro SDカードをPCに
「Win32 Disk Imager」を起動し、イメージファイルを書き込みます。
imgwriter.png

Micro SDカードへイメージファイルの書き込みが終わったら、準備は終了です。
次回はMooodeの起動と設定方法について書きたいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。