スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Raspberry Piへのシリアルコンソール接続

Raspberry Piをポータブル化するにあたり、HDMI端子を外してしまったため
コンソールを接続する手段としてシリアルコンソールを使うことにしました。

GPIO端子にはシリアルインタフェースのTxD(8pin)、RxD(10pin)が出ており、
これにGND(6pin)を加えた3線でシリアル接続が可能となります。

この信号をノートPCで受けるためにシリアルインタフェースをUSBに変換します。
使ったのは秋月で売っている「超小型USBシリアル変換モジュール
これを2.5mmプラグに取り付けて使用しました。

20160412-01.jpg

20160412-02.jpg

Volumio1.55及びMoode 2.5ではシリアルコンソールとして使用するために
/etc/inittab に下記を追記する必要がありました。

T0:23:respawn:/sbin/getty -L ttyAMA0 115200 vt100

この設定を入れなくても、コンソールにメッセージは吐き出されますが
キーボード入力ができません。
このことが分からなくて1週間ほど悩んでいました。(^^;

【参考にしたサイト】
Raspberry Pi2 に GPIO 経由でシリアルコンソールアクセスする
Raspberry Piをモニターとキーボードなしで導入する(その3)コンソールを使う
パソコンとシリアル通信する方法
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。