Moode Audio Player

Raspberry Piをオーディオプレイヤー化する際、一番ポピュラーなのはVolumioだと思います。 私もRaspberryを触り始めたころはVolumioを使っていました。 
イメージファイルを公式サイトからダウンロードし、 SDカードに焼くだけで使えるようになる手軽さが人気の秘密だと思います。 

その後、RuneAudioとMoodeを試してみて現在はMoodeを使っています。 
どちらも公式サイトからイメージファイルをダウンロードし、SDカードに焼くだけで使えるようになるのはVolumioと同じですが 完成度の高さ、更新の頻度からMoodeを選びました。 
20160504-01.jpg 
MoodeはVolumioをブラシュアップしたような作りで、Volumioから移行しても違和感は有りません。  設定の細かな部分までWebから変更できるのも良いと思います。 

これはHiFiBerryに搭載されているPCM5122の設定画面ですが データシートに載っている項目も設定可能です。
  20160504-02.jpg 
画面の上3つがPCM5122ようのオプションで、「Degital interpolation filter」を触ると微妙に雰囲気が変わるのが面白いです。 

また再生中の曲の情報を表示させることが出来ますが、 一番下にCPUの情報が表示されるので、CPU温度の管理もできます。
  20160504-03.jpg 
鞄に入れて持ち歩くと、思いのほか温度が上昇するので温度の管理が出来て便利です。

現時点でのMoodeはバージョン2.5ですが、
バージョン2.6が開発中で、もうすぐリリースされるのではないかと思います。
主だった変更点はRaspberry pi 3への対応の様ですが、
無線LANのAPモードをサポートなど機能面も追加されているようです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。